「御社でPR動画を作りませんか?うちの番組でも紹介しますよ」
昨年暮れのある日、ある取引先からそんなご案内(=売り込み)をいただきました。

内容やお値段も魅力的で、長きに渡ってお世話になっているお客様でもありますので、むげにお断りしたくない!そして何よりも、S&Iが来年2017年になんと創立30周年を迎えることもあり、ここらで当社のメッセージを伝える何かを作ってもいいんじゃないか?もしかして来年の30周年記念パーティーでも流せるんじゃないか?(パーティーがあるかどうかは分かりませんが…笑)

ということで、制作することとなったPR動画。今回は、その舞台裏をご紹介します!

まずは制作会社と打ち合わせ。伝えたいメッセージを具体化していきます

最初にご案内いただいたのは、特定の製品やサービスのPRを意図としたものでした。しかし、そこはアップデートの早いIT業界。予算に限りのあるS&Iとしては、せっかく作ってもすぐに古くなっちゃうともったいない…。

創立30周年を前に、目まぐるしく進化するIT業界において求められる役割が変わりつつある、今この時に、改めてS&Iは何を大切にしていくべきか。どんな会社でいたいのか。伝えたいのは、そんな「会社の姿勢」であることを制作会社さんに説明し、会社自体のPR動画を作ってもらうことにしました。

S&Iがキーメッセージとして伝えたかったことは、次の2つ。

1つは、企業理念でもある 「honest.」
30年も続けられたのは、何よりお客様からの信頼があってこそ。
常に「誠実」にお客様に向き合い、1つずつ信頼や実績を積み上げてきた、そんな姿勢を伝えたい。

そしてもう1つは 「挑戦」 する姿勢。
同じ所に立ち止まっていては、お客様のニーズは満たせない。常に汗をかき、新たな技術を積極的に取り込んで、ソリューションやサービスとして提供していくチャレンジ精神を失わない。

2つ目のメッセージを表現する言葉として考えたのは、
「Challenge to Innovation」 (革新への挑戦)
「Beyond The Way We Walk」 (歩むべき道の向こうに)
でした。

制作会社さんにこの意図を説明したところ、さっそく2パターンのシナリオを考えてくれました。

  • パターン 1:
    • 企業理念 honest. を軸に、「常に誠実な姿勢で、お客様のためにひたむきな努力を惜しまない企業」というイメージを伝える、ほっこりショートドラマ仕立て

  • パターン 2:
    • JUMPをキーワードに、躍動感のあるさまざまなスポーツのシーンを切り取って映像をつなぎ、「若々しくチャレンジ精神に溢れた会社」を伝える

S&I: 「う〜ん、どっちも惹かれるんですけど、両メッセージを1つに盛り込めませんかね?」
 
制作会社: 「いやあ、 "誠実" という温かいイメージと、 "挑戦" という激しいイメージ、一緒に盛り込んじゃうと焦点ボケますよ。思い切ってどちらかに絞りませんか?」
 
S: 「た、確かに…。どちらか1つとなると、やっぱり『パターン1』かなあ〜。今だからこそ、改めて誠実に努力する会社のDNAを伝えたいかな」
 
制: 「やっぱりそうですよね。そこがS&Iさんの魅力ですもんね。それに、2つ目のパターンはカッコイイですし、正直作りやすいんですけど、良くも悪くも 『ITカンパニーだね』って感じにもなっちゃうから、いわゆる大企業のイメージCMっぽくて逆に面白くないんじゃないかと…」
 
S: 「メッセージは伝わるけど、それは別にS&Iじゃなくても同じでは?ということですね」
 
制: 「ですね。思い切って『パターン1』にしませんか?ドラマ仕立てで、社員さんにも出演してもらって。S&Iさんっぽいですよ!それに、社員のみなさんに撮影現場を見てもらったり、ご協力いただくことで、社内にも良い影響がありますよ。ただ、役者を手配して、台本作って、ロケやって…となるんで、正直ご提示のパッケージ価格からはちょーっと足出ちゃいますけどね」
 
S: 「え!?ど、どれぐらい?」
 
制: 「ぐ~っとお安くして、 (ン本指立てて) ズバリこれぐらい!」
 
S: 「わ、分かりました。どうせ作るなら意味のあるものにしたいんで お願いします!

…と、こんなカンジで、心温まるドラマ仕立てのショートムービーを作ることになりました。

どうせなら徹底的に。「honest.」でいろいろな気持ちを表現しよう!

画像: どうせなら徹底的に。「honest.」でいろいろな気持ちを表現しよう!

制作するドラマのテーマであり、S&Iの企業理念でもある 「honest.」 。創立20周年の際に配られたこのカードを社員の一人一人が持っています。
そろそろ「honest.」を卒業して新たな理念を掲げては、という意見も出ましたが、次のステージへとチャレンジするにあたり、もう一度新たな気持ちで「honest.」を掲げることになりました。

その話を製作会社さんにしたところ、
それじゃあ、このカードを『キー』のモチーフにしましょう! 皆で頑張るシーン、悲しみに暮れたり焦ったりするシーンなど、すべてこのカードで表現していきましょう!なので、S&Iさんのこのカードのデザインをベースに、いろいろな感情の『honest.くん』を用意しますよ!」

そうして、さまざまな「honest.くん」を作っていただきました。
そう、人間どんなに正直に頑張って生きてたって、冷や汗をかいてしまうような失敗や、泣きたいぐらいつらいことだってある。それもぜんぶ含めて「honest.」なんだ。みんなで努力して、それを乗り越えた暁に成功や、お客様の喜ぶ顔が見られるような、ちょっとリアルな「姿」を伝えるショートムービーをイメージして、台本が完成しました!

画像: 製作会社さんに作っていただいた、表情豊かな「honest.くん」。

製作会社さんに作っていただいた、表情豊かな「honest.くん」。

そして、ついに撮影日当日!リアルS&I社員も大活躍

主役の"S&I社員”とヒロイン役を熱演してくださったのは、 河野良祐(こうのりょうすけ)さん 江口亜衣子(えぐちあいこ)さん です。

画像: 今回の主役・河野良祐さんとヒロイン役の江口亜衣子さん。写真は"主役が隅田川の川岸でヒロインにビンタされる"シーン。

今回の主役・河野良祐さんとヒロイン役の江口亜衣子さん。写真は"主役が隅田川の川岸でヒロインにビンタされる"シーン。

お二人のカッコイイ写真を撮ってなかったばかりに、こんな撮影シーンの1コマの掲載となりましたが(笑)、とっても気さくな方々で、エキストラ役の社員ともすっかり打ち解けていました。今後の活躍を応援しています!お二人ともブログをやっているそうなので、ぜひぜひ覗いてみてください♪

【リンク】
「河野良祐 OFFICIAL BLOG」
「やれば出来る、やらないだけ-江口亜衣子オフィシャルブログ」

そして、限られた制作予算の中、主役の二人を除くすべてのキャストに、本物のS&I社員がエキストラとして参画!みんな堂々とした演技で、NGもほとんどない熱演ぶり!撮影中はずっと陰から見守っていたのですが、照れて躊躇することなく、監督さんからの指示どおり演技する意外な姿にビックリ。監督さんからも「皆さん演技上手ですね。普通なら緊張して何度もやり直すんで、こんなにスムーズにいかないんですよ」とお褒めの言葉をいただき、鼻高々な一日でした。

画像: 監督さんからの演技指導にも熱が入ります!これは"主役にダメ出しをするクライアント"のシーン。みんなイイ『怒りっぷり』でした。

監督さんからの演技指導にも熱が入ります!これは"主役にダメ出しをするクライアント"のシーン。みんなイイ『怒りっぷり』でした。

画像: オフィスシーンはS&I本社で撮影です。いつも仕事をしている場所が撮影現場になると新鮮です。もっとキレイにしておけばよかった...という思いと裏腹に"リアルな"S&Iがお届けできたかと...

オフィスシーンはS&I本社で撮影です。いつも仕事をしている場所が撮影現場になると新鮮です。もっとキレイにしておけばよかった...という思いと裏腹に"リアルな"S&Iがお届けできたかと...

そして最後は、みんなで努力して作り上げた提案が見事お客様に受入れられ、笑顔で終わる人形町でのシーンです!東野圭吾さんの小説の舞台としても有名な日本橋の水天宮や人形町は、S&I本社からも歩いて5分ほどの場所。ドラマや映画でもよく登場する時計台の下、仕事をやり遂げ、仲間とその喜びを分かちあう主人公が、帰りを待つヒロインと出会うシーンがクライマックスです!

とはいえ、やはり人形町は人が多く、なかなか撮影が進みません。3月半ばの撮影だったので、夜はまだまだ肌寒い季節です。それでもヒロイン役の江口亜衣子さんは五分袖ツーピースで頑張ってくれていました!!

画像: 人形町での撮影シーン。すっかり日も暮れて肌寒くなってきましたが、撮影終了までもう一息です。

人形町での撮影シーン。すっかり日も暮れて肌寒くなってきましたが、撮影終了までもう一息です。

いよいよ「やり遂げてきたよ!」と honest. カードを掲げるラストシーン!みんな、いい笑顔です!

画像: そして、ついに撮影日当日!リアルS&I社員も大活躍

PR動画が完成!

撮影は1日で終了。あとは制作会社さんが映像をつなげていい感じの音楽を載せてもらうのを待つだけでしたが、数日後にはもう編集し終えてくださって、さっそくプレビュー会が開催されました。
その後も音楽やらテロップやら映像の切り替わるテンポやらを何度か調整していただき、ついにPR動画が完成です!絵コンテを見せていただいてからたった2か月ほど。長いようで、あっと言う間でした。

そして、でき上がったPR動画がこちら!

S&Iの会社の雰囲気はもちろん、仕事に対する"姿勢"が伝わるショートムービーに仕上がったと思っています。制作にご尽力いただいた関係者のみなさま、色々とワガママも最後まで聞いてくださり、本当にありがとうございました!
 
この動画を見て、S&Iにシステムを任せてみたいと、または、当社で働いてみたいな、と感じていただいた方、ぜひご連絡ください♪ お待ちしております!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.