カキが美味しい季節ですね。
生ガキや焼きガキ、蒸しガキも良いですが、今回は美味しいカキフライが食べられるお店をご紹介!

S&I本社がある水天宮・人形町界隈でカキフライと言えば「三友(さんゆう)」

三友さんは、テレビ番組でもよく取材されている人形町界隈で有名な割烹屋さんです。こちらが三友さんの外観です。昭和45年創業ということで、何とも味のあるたたずまいです。

画像: S&I本社がある水天宮・人形町界隈でカキフライと言えば「三友(さんゆう)」

今までのランチメニューは、日替わり定食に、冬だけカキフライ定食が加わっていましたが、今年はカキフライ定食のみ。カキフライ3つと2つのいずれかのメニューから選べます。限定50食、カキがなくなり次第終了とのこと。

訪れたこの日、東京は雨空でとても寒い日でしたが、11時半頃に行くと、配られた番号札は「23番」。既に50食のうちの折り返し地点でした。

画像: 列に並ぶと渡される番号札。「2」はカキフライの数です。裏面は「3」が書かれています。

列に並ぶと渡される番号札。「2」はカキフライの数です。裏面は「3」が書かれています。

ちょうど入れ替わりのタイミングだったようで、5人ほどが店内に入って行ったところで、外には4人ほどの列ができていました。その後もすぐに数名が私たちの後ろに...。

どんなに寒くても、並んででも食べたいんです!!

1つ食べればカキ6個食べたことに?!名物特大カキフライ

こちらの名物カキフライの特長は、何と言ってもその大きさ!普通のカキフライは、カキ一つ一つに衣を付けて揚げますが、三友さんのカキフライは、6〜7個のカキをまとめて揚げてあります。なので、カキフライ2つ食べると、15個くらいのカキを食べたことになっちゃいます。

何とも贅沢な... !

こちらがそのカキフライ定食(2つ)。

画像1: 1つ食べればカキ6個食べたことに?!名物特大カキフライ

カキフライどーん。

画像2: 1つ食べればカキ6個食べたことに?!名物特大カキフライ

さらに中身どーん。中を割るとカキがゴロゴロ!

画像3: 1つ食べればカキ6個食べたことに?!名物特大カキフライ

この日は、久しぶりの訪問だったので3つ食べられるかも...と意気込んでいたのですが、オーダーの際に尻込んで2つにしてしまいました。それでも1つが大きいので、満腹になりますし、カキを大量に食べている!という状況が、また何とも言えなく幸せにしてくれます。笑。

もちろん、カキフライが3つじゃ足りない!という方は、1つから追加もできます。

カキフライが食べられるのは10月〜春まで。食べられるのもあとわずかです。人形町にお越しの際は、ぜひ立ち寄ってみてください♪

三友
東京都中央区日本橋人形町1-10-8
電話:03-3666-1684

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.