キーボード関連のネタの第2弾の記事を書くことになったものの、マニアな記者にとって、このネタは語りたいことがあまりにも多すぎたので、2部構成にしたという話は、前回も冒頭でお伝えしました。ゴールデンウィーク前にキーボードネタ「mkⅡ」としてお届けした前編は、おかげさまで結構評判だったようです。何がウケたのかは後で探ってみるとして(笑)、今回は予定どおり後編をお届けします。「mkⅡ」の続きなので「mkⅡSR」ってことで。

赤い[Esc]キーがアクセントのコンパクトなメカニカル式キーボード

Archiss I-T Touch AS-KB91 (メカニカル式・CHERRY MX 茶軸)

画像: 赤い[Esc]キーが目立つ「I-T TOUCH AS-KB91」。こちらも「マジェ」のテンキーレスと同じ91キー配列。左上の赤い[Esc]キーは、付属の黒い[Esc]キーに交換できる

赤い[Esc]キーが目立つ「I-T TOUCH AS-KB91」。こちらも「マジェ」のテンキーレスと同じ91キー配列。左上の赤い[Esc]キーは、付属の黒い[Esc]キーに交換できる

後編、最初にご紹介する1台は、アーキサイトの Archiss I-T Touchです。
一見すると、前回ご紹介したMajestouchのテンキーレス(通称「マジェ」または「マジェス」)によく似ていますが、マジェとほぼ同じサイズで、キー配列もピッチも同じ。スイッチも同じCHERRY MX。一見するとマジェとの差が分からないぐらいよく似ています。どれぐらい似ているか見比べてみてください。
よく見りゃあ[Esc]キーが赤い(交換用の黒も付属)とか、接続用のUSBケーブルが着脱式になっているとか、[CapsLock]と[ScrollLock]のLEDがキーの内部(スイッチの下)にあるなど、オリジナル要素もあるので、見分けはつくはずです。

写真のキーボードのスイッチには、CHERRY MXの「タクタイルフィールタイプ」、通称「茶軸」が使われています。青軸同様タクタイル感のあるスイッチですが、青軸よりもクリック音がやや低く静かなことが特徴です。青軸モデルを選んでおけば、たぶん前出のマジェとの差はほぼなかっただろうと思います。だって、大きさもキーピッチもほとんど同じなのですから。それでいて、このI-T TOUCH AS-KB91はマジェよりも値段が少し安かったので割と人気がありました。まあ、結局あまり使わなかったんですけどね。マジェよりは音は小さいのですが、[変換]/[無変換]キーが小さくて、個人的にかなり使いづらかったもので……。

(S&Iの)普通のユーザーの普通の感想と、マニアな記者のツッコミ[4]

Tさん:「キーの感触や音は『やわらかい』という感じ。あとはアッチ(Majestouchのテンキーレス)と変わらないかな?」
 
――記者:サイズも形状も「マジェ」とほとんど同じなので、青軸と茶軸の感触の差ぐらいしか分かりませんよね。でも、そこを知ってほしくて青軸と茶軸を用意したので、狙いバッチリです。

Mさん:「キーを押すたびにカチャカチャと音が鳴って、押し心地もいい。キートップが高い位置にあるので、15分ぐらいで手首が疲れてしまった。チルトアップしたら指の移動が少なくなるので、多少打ちやすいかも」
 
――記者:そうなんです。写真撮ったのに掲載していなかったのですが、マジェもI-T TOUCHもキーの配置がステップスカルプチャー(最近はカーブドスカルプチャーと呼ぶんだとか……)になっているので、チルトスタンドを立てると奥のキーの指への密着度が増すんですよ。これ、ノートPCではほとんどみかけないのですが、慣れるとこっちの方が断然イイですよ。さあ、こっちの世界にいらっしゃ~い♡

Iさん:「これも(マジェ青軸同様)ノートPCのキーボードとの違いのせいで戸惑ってしまうが、キーの感触は青軸よりもなめらかで打ちやすいと思う」
 
――記者:記者に言わせれば、ノートPCのキーボードの方が打ちにくいと思うのですが、こればかりは慣れなので仕方ないですよね。

【コラム】赤!青!黒!緑!白!茶!?クリア?? 戦隊ヒーローの話じゃあないよ

いつの間にか「青軸」だの「茶軸」だの、マニア向けの隠語が自然に並び始めましたが、「~軸」というのは、メカニカルスイッチの特性の種類を指しています。メカニカルスイッチの中には金属接点とバネ(スプリング)が入っていて、このバネの強さ(押し下げ時の重さ)や、スイッチを一定の圧力で押し続けていくうちに、急にキーがカクン!と沈み込むような「タクタイル」と呼ばれる感触の強さなどを組み合わせた、数種類のスイッチが作られていまして、その違いをスイッチの軸の色で表している、というわけです。
例えば、現在、最も広く流通しているメカニカルスイッチ 独・ZF Electronics社の「CHERRY MX」シリーズ※1では、青軸をはじめ、赤、茶、黒、白、緑、クリア、グレー(タクタイル)、グレー(リニア)などがラインアップされていますが、それぞれ押し下げ圧やタクタイル感および打鍵時の音の大きさや高さが異なっています。
※1:もともとは米国で創業したCherry社が作っていたが、2008年にZF Electronics社に買収され、"CHERRY"はキーボードやスイッチのブランド名として残った。

画像: CHERRY MXスイッチの種類と、各スイッチの特性を示すチャート

CHERRY MXスイッチの種類と、各スイッチの特性を示すチャート

CHERRY MXの場合、甲高い打鍵音(クリック音)で押し下げ圧が軽いスイッチは「青軸」、押し下げ圧は軽いがクリック音が低い(聞こえにくい)「赤軸」、クリック音が小さく押し下げ圧が少し重い「茶軸」、押し下げ圧が重くてクリック音が低い「黒軸」のように分けられています。
このチャートでは押し下げ圧の強弱とクリック音しか分かりませんが、普通はこれにタクタイル感の有無※2を加えて分類します。
CHERRY MX以外では、そのクローンと思われるGateron、Kailh、Greetech等、中国メーカーのスイッチも、一部を除きCHERRY MXと同様の色分けをしています。
また、かつて世界シェアを独占した日本のアルプス電気(以下、ALPS)のスイッチも、さまざまな特性のスイッチを軸の色で分類していました。ALPSが市場から撤退して久しいのですが、未だに中古市場では根強い人気を誇っています。
※2:タクタイル感がないスイッチは、キーの押し下げ圧が最後まで一定の荷重のまま。また、クリック音は通常、タクタイルと同時かその直前に出るので、音も出ないかほとんど聞こえない。こうした「ノンタクタイル&ノンクリック」なスイッチは「リニア」と呼ばれる。

最近はクリック音やタクタイル感でキーを押したことが確認できるメカニカル式キーボードの需要が、ゲーマーを中心に高まってきていますが、新品の場合、CHERRY MXやそのクローンの中でしかスイッチを選べません。でも、中には新品のキーボードのスイッチを全部外して、中古のキーボードからALPSスイッチを移植して使っているマニアもいるほど、こだわり始めるとキリがなくなりますので、メカニカルの暗黒面に引き込まれないよう、くれぐれもご注意ください(笑)。

薄型というよりは「ぺったんこ」。スペセバの末裔が、なぜこうなった?

Lenovo ThinkPad トラックポイント・キーボード (メンブレン&パンタグラフ式)

前回紹介した、IBM製のテンキーレスキーボード「スペースセーバーキーボードⅡ」(通称:スペセバⅡ、SSK2)の後、IBMからは、ThinkPadのキーボードをベースにした「トラベルキーボード」というテンキーレスキーボードが販売されます。ThinkPadのキーボードは入力しやすく耐久性にも優れていて、代々高い評価を受けてきたので、トラベルキーボードもそれなりに評判が良く、やがてSSK2の生産が終わると、その後継の地位に収まりました。

そして2012年、「IBM PS/55note」時代から20年以上に渡って脈々と受け継がれてきたThinkPadのキー配列が、それまでの「7列」から「6列アイソレーション」に変わったのを受け、トラベルキーボードに代わって、今回紹介する「ThinkPad トラックポイント・キーボード」が発表されました。

画像: ThinkPadと同じ、6列アイソレーションキー配列と赤いトラックポイント付き

ThinkPadと同じ、6列アイソレーションキー配列と赤いトラックポイント付き

新しいThinkPad同様「6列アイソレーション」になったこのキーボード、トラベルキーボードよりもさらにコンパクトに、そして「ぺったんこ」になり、省スペース化という目的のためには申し分ないサイズになっています。
そして、ThinkPadの一部機種では[Enter]キー付近のキーピッチが詰められているのに対し、このキーボードでは通常のピッチになっているため、やや入力しやすそうではあります。

しかし、サイズやキーの感触はさておき、チルトスタンドの「足」がスケート靴のブレードのように縦向きになっているため、トラポを奥に倒すたびにキーボードも奥へ動いてしまうのが玉に瑕(きず)。チルトスタンドを使わない人にはあまり気にならないかも知れませんが、先代のトラベルキーボードまでは、足が横方向を向いていてガッチリと固定できていたのに、同じ機構にできなかった理由は未だに謎です。
また、「足」そのものの耐久性が低いのか、ネットオークションでは「足」が折れたり外れたりした物の出品を度々見かけます。

画像: チルトスタンドの足が前後方向を向いていて踏ん張りが効かない。このため、トラックポイントを奥へ倒す(ポインターを上方向へ移動)操作をすると、キーボードごと奥へと動いてしまう

チルトスタンドの足が前後方向を向いていて踏ん張りが効かない。このため、トラックポイントを奥へ倒す(ポインターを上方向へ移動)操作をすると、キーボードごと奥へと動いてしまう

古いIBMのキーボードやThinkPadのキーボードは堅ろう性や耐久性に優れていたのですが、傍系とはいえスペセバの末裔にあたるこのキーボードは、ハッキリ言って貧弱すぎ。まあ、IBMがキーボードを作ってたなんて、もう遠い過去の話ですし、仕方ないですね。

(S&Iの)普通のユーザーの普通の感想と、マニアな記者のツッコミ[5]

Iさん:「普段使っているThinkPadのキーボードに比べ『スコスコ』とか『フワフワ』っとした感触。それ以外はあまり変わらないので、違和感なく使えた」
Mさん:「ThinkPadのキーボードに似ているせいか、あまり違和感がない。ただ、ストロークが浅すぎて、キーを押し込んだ感覚があまり感じられない」
 
――記者:お二人ともThinkPadユーザーなことは知っていたので、違和感がないという返事は予想していました。でも、まったく同じというわけではなく、微妙な違いはあるみたいですけど、普通の人だと『スコスコ』とか『フワフワ』とか、そんな表現になるんですね。マニアだと『ヌッ』とか『ペコペコ』とか『ファクンファクン』とか、キサマどこの星から来たんだよ、ってツッコミたくなるような擬音を使いやがるんですよ。まあ、記者はThinkPadを使っているくせに、外付けキーボードをメインにしているので、ちっとも違いに気付きませんでしたけど。

【コラム】閑話休題 ~一番ええど!マニア垂涎の幻の潤滑剤

キーボードを何年も使い続けると、キーを押す度にきしむ音が出たり、引っかかるような感触が出ることがあります。こんなときは潤滑剤の出番ですが、その前に一言。カー用品店や百円ショップなどで売られている金属用の潤滑剤(オイルスプレー等)は、絶対に使わないでください。
金属用潤滑剤をシュッ!と吹きかけるとスッ!と気持ちよく染み込んでいきますが、そのときにスイッチ内の金属接点を覆ってしまうと、接触不良の原因になります。
また、成分中に石油由来の溶剤を含んでいますが、キーボードのほとんどのパーツもABS樹脂などの石油由来の素材なので、パーツを溶かす原因になります。見た目は何ともなくても、溶剤の付着した樹脂製のパーツ同士がキーを押すことで何千回も何万回もこすれたら、破損する危険性もあります。

キーボードの素材にダメージを与えない潤滑剤なら、米国RO-59社のフッ素系水性潤滑剤「RO-59 KT」が超・オススメです。なにしろRO-59 KTはキーボード専用の潤滑剤
♪されば~潤滑剤の~数多かれど~ ♪この「RO-59 KT」に~ 勝る~あらめや~
……というわけで、その効果たるや甚だ絶大なのであります。
ただ、業務用なので量と価格が「1ガロン:54,000円」!! 日本の輸入元がRO-59 KTを希釈したものを「260ml:4,320円」(消費税、送料・代引き手数料込み)で販売していますが、直販でしか取り扱っていません。
しかも普通のキーボード1台なら 260ml の1割の量でも充分なぐらいで、キーボードを何台も所有して頻繁にメンテナンスするマニアでもない限り確実に余りますので、かえってコスト高に。それで、入手のしにくさとコストの問題から「幻の潤滑剤」と呼ばれています。
また、キーボード製品の品ぞろえの良さで有名だった秋葉原の某ショップが、RO-59 KTを「18ml」の小瓶に入れて「スムースエイド」という商品名で販売していたので、この名前がRO-59 KTの通称になっています。後にそのショップの撤退により「スムースエイド」が手軽に入手できなくなったことも「幻」と呼ばれる一因になっています。

記者は「RO-59 KT」を写真のスプレーボトルのまま購入したのですが、やはり量が多くて使いにくいので普段は、専ら接着剤の空き瓶に入れて使っています。キャップにハケが付いていて、キーの軸にサッとひと塗りすれば完了するので、スペースキーや[Enter]キーなどの裏に付いているスタビライザーに塗るときも便利です。

キーボードに使える潤滑剤は他にもありますが、それらの多くはキーボード専用ではなく代用品ですので、使う前にその特性をよく見極めておくことが肝心です。ある報告では、ラジコン用のシリコングリースを塗ったところ、メカニカルスイッチのクリック音が消えてしまったという、カチカチマニアにとっては訃報に等しい結果になったそうですよ。

そんなわけで、幻の潤滑剤「RO-59 KT」を紹介しましたが、売っていないわけじゃあないのに、なかなか手が出せない……でもやっぱりほしい!ということで、複数名で1本を共同購入して、数十mlずつ分け合うマニアもいるようです。記者もボトル1本はさすがに持て余すので、次に買うときは何人か募ってみようかな。

お値段「税込み770円」。打てりゃあイイと思って買ってみたら……

ELECOM TK-FCM084BK (メンブレン式)

画像: キー配列はごく普通の92キー。スペース「キー」になっているところは素直に称賛したい。変換、無変換、カナ、Altキーのサイズも申し分ない

キー配列はごく普通の92キー。スペース「キー」になっているところは素直に称賛したい。変換、無変換、カナ、Altキーのサイズも申し分ない

テンキーレスキーボード紹介のトリを務めるのは、エレコムの「TK-FCM084BK」。ごく普通の日本語キーボードから、ごく普通にテンキーを削った、ごく普通のメンブレン式のテンキーレスキーボードです。これは某・量販店で見かけて購入したのですが、お値段たったの「770円」。それも消費税込みです。流通コストや管理コスト、中間マージン等を差し引いたら、原価いくらになるんだろう?などと邪推したくなるような価格でしたが、よく見ると外箱に「レーザー刻印」って書いてあるんですよ、「レーザー刻印」。安物キーボードのキートップの文字の刻印は、低コストだけど文字が消えやすい「シルクスクリーン印刷」が定番なのですが、このキーボードはワンランク上のレーザー刻印なので、キートップの文字が消えにくい……と。二色成型や昇華印刷に比べれば低コストですが、シルクスクリーンよりも面倒でコストもかかるはずなのに、なぜ文字の刻印にこだわったのか、ちょっと気になって買ってみた、というわけです。
※「770円」は購入当時の価格です。

なにしろ770円です。牛丼2杯分です。レジェンド級の超・高級キーボード「IBM 5576-001」を愛用する記者が、牛丼2杯分の安物に多大な期待を寄せていたなんてことはありません。でも、実際に触ってみると……そこらの安物に比べれば、そこそこイイ感じに入力できます。あくまで「そこそこ」です。「そこそこ」ですよ。理由は簡単で、[スペース]が[V]-[B]-[N]キーのほぼ真下に配置されていて、しかも大きさが「バー」ではなく「キー」になっていること。[無変換]や[変換]キーの大きさもOADGキーボードのオリジナルのサイズに近く、この違いだけで、記者の日本語入力効率は格段にアップします。

――と、まあ、お値段の割にはなかなかよさそうなキーボードなのですが、あえて難を述べるなら、キーの軸が短いせいでキーストロークが浅すぎる点でしょうか。スペースキーを押すと親指の関節や爪の付け根などがキーボードの端っこにカツン!と当たるので、長時間作業を続けていると、そこがだんだん痛くなってきて、ちょっと困りものだったりします。

画像: キーストロークが浅く、それでいてキーボードに厚みがあるせいで、長時間使っていると親指の関節や付け根がキーボード本体に何度も当たって、だんだん痛くなってくる。パームレストがあると楽かも……

キーストロークが浅く、それでいてキーボードに厚みがあるせいで、長時間使っていると親指の関節や付け根がキーボード本体に何度も当たって、だんだん痛くなってくる。パームレストがあると楽かも……

(S&Iの)普通のユーザーの普通の感想と、マニアな記者のツッコミ[6]

Tさん:「見た目は安っぽいけど、割と使いやすかった。特に音が静かなので、オフィスで使うならこのぐらいの方が良さそう」
 
――記者:これまでは「SSK2」の反応が良かったんですが、コレクションの中でも最も安い部類のこのキーボードが、案外人気が高かったです。ノートPCユーザーはキーのストロークが浅くても気にしないのかなあ……。でも、コストパフォーマンスを考えれば「70点」ぐらいあげちゃってもイイのかな?なんだかコレが一番高評価になっちゃったようだけど、これじゃあ青軸や茶軸を用意した意味がありませんでした(笑)。


――と、いうわけで、好評(?)のキーボードネタ「mkⅡSR」はここまで。
Macintoshユーザーの方には申し訳ないのですが、Windows PCならキーボードの選択肢が千姿万態、種々雑多、変幻自在で多種多様。大して難しいことは書いてないのですが、テンキーレスというだけでもこんなに語れるぐらい、話題に事欠きません。しかも私のキーボードのコレクションなんて、真のコレクターから見れば微々たるもの。それぐらい世の中にはたくさんのキーボードがあって、それぞれのキーボードを愛でるマニアがいて、オモシレー世界だと思うわけです。
 
最近はスマホやタブレットの普及で、キーボード入力が苦手な若者が増えているそうですが、ぜひキーボード好きになってほしいですね。毎日使っているノートPCでも、ときどき別のキーボードにつなぎ換えてみると気分も変わって、なかなか楽しいものです。「カチャカチャ」と響かせれば周囲ににらまれ、1行入力するごとに[Enter]キーを「ターン!!」と勢いよく叩くと、石が飛んでくるかもしれませんけど、それでも、皆さんがそれぞれフェイバリットなキーボードをカミングアポンしてフルフィリングなPCライフをエンジョイしてくだされば、ザッツタイトに恐悦至極に存じます。

それでは――『勝てば天国、負ければ地獄……』って、これは前回やりましたね。いつになるかは分かりませんが、キーボードネタ「mkⅡFR」でお会いしましょう。
……え、「FR」よりも「TR」が先なの?(´д`)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.