こんにちは。新人しまみーです。(笑)

4月から7月まで大勢の同期と一緒に座学の研修を受けていたのですが、同世代が講師や人事の方の人数より多いからか、正直、大学の講義の沿線上のような感じで、「社会人!!」という実感はそこまで芽生えていませんでした。(汗)

もちろんお給料をいただいて、会社の一員として仕事をこなせるようになるために学んでいるので、しっかり身に着けなくては!という焦りは常にありましたが。。

社会人の実感が得られるようになってきたのは、同期と離れて、実際に先輩社員について業務を学ぶOJTからです。

目上の人に話しかける時や、お客様先へ連れてっ行ってもらった時にすごく緊張したのを覚えています。(今もしてますけど。笑)

今回は、そのOJTから今日まで働いてみての感想を苦戦したことやりがいを感じたことに分けて書きたいと思います(・v・)

【苦戦したこと】

その1:言いたいことがうまく伝えられない

人と話すことは得意な方だと思っていたのですが、今までどれほど頭を使わずに喋っていたのかを思い知らされる1年でした。。(笑)
焦って、更に言葉が出てこないし。。(笑)
まさに”コミュ障”といいますかw

先輩もお客様も”忙しい”のが前提。端的に何がどうなったのか正確に、分かりやすく報告するって難しいなあと思いました。

その2:OSインストール時に痛恨の失敗

最近は、技術知識も少しずつですが身に着いてきて、お客様や先輩との会話で、「あれのことか…」と検討がつくようになってきました。

と言いながら、サーバー用のOSを自分のPCにインストールしようとしたっていう、伝説の初歩的な失敗をしたことがあったのですが。(笑)
※ 本当にインストールしていたら、自分のPCの情報消えちゃうので業務できなくなっちゃいます。(涙)

まだまだ分からないことの方が多いので、先輩に何度も聞きながら頑張っています(・u・;)

ここで、ありがたいなぁと心底思うのが、絶対忙しいのに絶対教えてくれる先輩方がいるっていうことです。S&Iは小さい会社なので、1人の裁量が大きく基本的に忙しい人ばかりなのですが、そんな状況でも、きちんと向き合って教えてくれるので、新人にとって成長する環境が整っていると思います。

あとは自分次第。(←毎日先輩に言われています!)

あまり失敗ばかりひけらかしてもアレなので、、次!

【やりがいを感じたこと】

その1:お客様への提案活動

先輩に同行してもらいながら、クラウド製品やサーバー製品の提案をしています。

担当しているお客様に対して、
「この製品はお客様のこんな課題に役立ちますよ」とか
「こういう使い方ができるんですよ」とか
得た知識を使って説明したり、お客様のニーズを引き出したりしているのですが、お客様から同意をもらえたり、興味を持って一歩深入りした質問や相談をしていただけると、やりがいを感じます。
今は、「早く1人でも契約がもらえるようになること」が目標です。

その2:先輩からの「ありがとう」

やっぱり新人なので、すぐに会社の利益を作れるような即戦力になるのは難しいです。
ただ、先輩の案件をお手伝いした時などに「ありがとう」と言ってもらえると、「少しは役に立てたかも~」と思えたりなんかして、それもやりがいになっています。

この前、先輩の代役でセミナーのスピーカーをやる機会がありました。
かなりのプレッシャーでしたが、他部署の方にも協力してもらいながら、約2週間かけて、話のストーリーを練ったり、資料を作成したり、発表練習をしたりしました。この経験も、終わった時にはかなりの達成感がありました。

良いことも、失敗することもいろいろありましたが、
周りの方に支えられた1年だったと思います。(涙)

本当にあっという間に過ぎた1年でした(・ロ・)!!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.