3か月ほど前、記者が愛用しているキーボードと、それまで使ってきたレトロなキーボードのコレクションを紹介する記事を掲載したところ、大反響…というほどでもないのですが、それなりに好評だったようで、おかげさまで、またキーボードネタを書くことになりました。
しかし、前回、8モデルしかない「IBM 5576系」キーボードの中から、レア度が高い4台を紹介するという、大地に立つと同時にラストシューティングしちゃったような感じの終わり方をしてしまったので、続きはちょっと無理っス。しかも、もともと書いた内容の半分以上が大人の事情でカットされたTinyバージョンだったので、伝えたいことも半分以下。本当は"記者はもっと語りたいモード"だったので、最初から2部構成のネタにすればよかったと後悔しています。

キーボードネタ、第2弾。お題は「テンキーレスキーボード」で、たっぷりお届け

というわけで、今回は基本的にカットなし!と言いますか、途中でストップがかかることも見越して、2部構成にできるぐらいの壮大なスケールとボリュームでお届けしちゃいます。
前回ラストシューティングしちゃったけど、それはレトロキーボードの話ということで、今回はテンキーレスキーボードの話題。またしても記者のコレクションの中から、いくつか蔵出しして持ってきましたので、ちょこっとご紹介します。

さて、テンキーレスキーボードって、名前のとおりフルキーボードからテンキーを省略したキーボードで、一般的には省スペース向けという扱いになっています。もともと数字キーはあるのですから、テンキーレスでも困るわけではありません。なにしろ、ノートPCの多くはテンキーレス。ユーザー数だけならフルキーボード派よりも多いかもしれません。
 
でも、記者は普段からノートPC(ThinkPad)にわざわざフルキーボードをつないで使っている、フルキーボード派。しかも日本語A配列124キーボード大好きっ子という偏った趣味の持ち主なので、今回は紹介するテンキーレスキーボードの感想が記者の主観だけに偏らないよう、普段ノートPCしか使っていないS&Iの社員3名(MさんTさん、およびIさん)にも触れていただき、それぞれ感想をもらってみました。

これぞメカニカル!カチャカチャうるせえ正統派!(笑)

ダイヤテック FILCO Majestouch FKBN91MC/NB (メカニカル式・CHERRY MX 青軸)

画像: メカニカルキーボードの人気ブランド・FILCO「Majestouch」の青軸テンキーレスモデル

メカニカルキーボードの人気ブランド・FILCO「Majestouch」の青軸テンキーレスモデル

一番手はダイヤテックのFILCO Majestouch(マジェスタッチ)シリーズ。スイッチに独・ZF Electronics社の「CHERRY MX」スイッチを採用した、人気の高級キーボードシリーズです。通称は「マジェ」または「マジェス」。スイッチの『軸』の色によって「青マジェ」や「黒マジェ」などと呼ぶ人もいます。
このキーボードに使われているスイッチは、CHERRY MXスイッチの中の「タクタイルクリックタイプ」、通称「青軸」モデル。キーを押すとメカニカルスイッチ特有の「カチッ!」という音がします。しかも音が甲高くて軽いので、連続してタイプすると「カチカチカチ…」と、結構うるさいんですよね。前回紹介したアルプス製の板バネスイッチと比べると、ピアノ協奏曲とヘビメタぐらいの差があります。普通に文章を入力しているだけで「カチカチ」と響きわたり、カーソル移動時はオフィス内で苦情が来るので、カーソルキーを押しっ放しにする人もいるぐらいです。

また、前回の記事でも少し触れましたが、メカニカルスイッチを使ったキーボードは、キー1個にスイッチ部品が1個使われています。しかしその分製造コストがかかるため、価格も結構お高く、このクラスのキーボードでも1万円を軽く超えます。
※:このキーボードは既に販売終了していますが、ほぼ同じスペックの後継製品が、メーカー直販価格で「¥13,480円」(2017年4月現在)です。
 
その音やコストのせいで、メカニカルスイッチを使ったキーボードは一時廃れてしまったのですが、このクリック音こそがメカニカルの証。甲高いクリック音が鳴るごとに確実にキー入力(コマンド入力)したことが分かるので、最近はゲームユーザーの間で静かに人気復活中でして、その牽引役の一翼を担っているのが、この「マジェ」というわけですが……やっぱりカチカチうるさいので、記者は使っていません(きっぱり)。

(S&Iの)普通のユーザーの普通の感想と、マニアな記者のツッコミ[1]

Tさん:「カチカチという音がかわいい。でも音が高くて、タイプし続けるとうるさい。普通に入力していて、打ち損じるようなことはなかったが、キーボード自体に厚みがあるせいで、やや打ちづらい。また、カナの刻印がないので、キーがどこにあるのか分かりにくかった」
 
―記者:「厚み」というのは、キーボードの高さのことみたいです。確かにノートPCと比べたら高い位置にあるので、慣れないと打ちにくいかも。でも、カナ刻印がなくて分かりにくいという意見は初耳でした。Tさんみたいなローマ字入力のユーザーはたいてい歓迎すると思ったんですけどね。

Iさん:『バイオハザード』(ゲーム名)のタイプライターを打っているような音が気持ちイイ。でも、やっぱり音が大きくて、自分はいいけど周りには迷惑をかけそう。普段使っているノートPCと違い、左隅に[Fn]キーがないので、左[Ctrl]キーや[Windows]キーの打ち間違いが多かった。でも打ち応えがあるので使い続けたくなる」
 
―記者:うおおぉぉぉ、バイオハザードとは、例えが懐かしくて泣けてくるぜっ!ついでに『パラッパラッパー』っぽく入力して試してみて欲しかったYo!! ところで、Tさん同様、音は「うるさい」と感じたわけですね。まあ、メカニカル派の私もやかましいと思うので擁護しません。うるさいです。ウゼーです。

伝説の「スペセバ」よりもグレードは落ちるが、それでも人気を博した二代目

IBM スペースセーバー・キーボードⅡ (メンブレン式)

画像: 二代目「スペセバ」は中央にThinkPadと同じトラックポイントを実装(キャップはソフトドーム型に交換済み)。テンキーに加え、マウスを置くスペースも不要な、文字通り「スペースセーバー」キーボードだ

二代目「スペセバ」は中央にThinkPadと同じトラックポイントを実装(キャップはソフトドーム型に交換済み)。テンキーに加え、マウスを置くスペースも不要な、文字通り「スペースセーバー」キーボードだ

このキーボードの紹介の前に、まず、伝説の省スペースキーボード「Space Saver」(通称:スペセバ)の話を。スペセバは、IBMのバックリングスプリング式の英語キーボードから、テンキーを省略した、名前のとおり省スペースキーボードの先鞭をつけたキーボードで、「うおぉぉ!小っちゃいぜー!! カワユイぜーっ!」と、後の「萌え」に通じる何かを感じたユーザーの間で大ヒットしました。日本語版は「スペセバ」という名ではなく、名機「IBM 5576-A01」と同じ国産バックリングスプリング式スイッチを採用した「IBM 5576-003」として登場しましたが、一般的な日本語キーボードのキー配列(OADG配列)とは異なる、1世代前のIBM独自配列だったためか、ブームになることもなく静かにフェードアウト。でも後に5576-003がネットオークションで高値で取り引きされる、超・レアアイテムになろうとは、当時の日本IBMは予想もしていなかったことでしょう。

で、その後継として登場したのが、この「スペースセーバー・キーボードⅡ」。スイッチがメンブレン式になってしまったので「こんなの"スペセバ"じゃない!」という、バックリングスプリング原理主義者たちは、頭文字を取って「SSK2」と呼ぶようになり、その後「SSK2派」と「スペセバⅡ派」による血で血を洗う抗争が…なんてことはありませんよ。でも、キースイッチのグレードは下がったものの、ThinkPadでおなじみのトラックポイント(以下、トラポ)が搭載され、マウスを扱うスペースが不要になったことで、初代よりもさらに省スペース化を実現しました。これって当時はかなり画期的なことで、特にマウスの置き場に困っていたラックサーバー用のキーボードとして、ダンジョンの中ボスら、もとい、サーバー管理者たちの間でモテモテでした。
1999年に発表された古いキーボードなので、インターフェースも古めかしいPS/2ポート×2(キーボード、マウス)。でも、USB変換アダプターでトラポもキーボードも普通に使えるので、記者の家では今もホームサーバー用のキーボードとして元気に活躍中です。

(S&Iの)普通のユーザーの普通の感想と、マニアな記者のツッコミ[2]

Tさん:「第一印象は押した時の感触が固く感じたが、使っている間は意外と気にならなかった。音ももうるさすぎず、一番使いやすいかも。でも、見るからにホコリがたまりそうな感じ」
 
―記者:このキーボードに限らず、ホコリってたまりまくりますよね。記者はやや神経質なところがあるので、ブロワーやエアダスターをしょっちゅう吹き付けて、キートップも全部外して定期的に磨いています。音がうるさくないのは、記者の愛のメンテの賜物なのです。

Mさん:「古そうなキーボードだけど、一番使いやすくて好きかも。打鍵時の押し心地がいいし、トラックポイントのおかげで、いちいちマウスに手を伸ばさなくても操作できる点がイイ(・∀・)」
 
―記者:今回は全てのキーを外して、キーの軸にスムースエイド(潤滑剤)塗ったんだけど、古いキーボードがこうも好評だと、メンテのしがいがあって思わずニヤリです。

【コラム】閑話休題 ~みんな知っているようで知らない、アノ秘密♪

PCの初心者もベテランも、今も昔も同じように操作しているキーボード。日本語キーボードと英語キーボードでは、記号の配列に違いがあるものの、アルファベットの配列は同じです。
左上から[Q]-[W]-[E]-[R]-[T]-[Y]-...の順に並んだこのQWERTY(クワーティー)配列が、大昔のタイプライターのキー配列を踏襲しているということはよく知られていますが、では、そのタイプライターのキーがいかにしてQWERTY配列になったかというと、諸説入り乱れていてどうもスッキリしません。
そこで、ちょっと話題はそれますが、詳しい資料を見つけたので、その内容をかいつまんでご紹介します。

― 2017年5月8日:参考文献の追加、および図の一部を修正。

問答無用の省スペース化。でもカーソルキーは欲しかったんだね

さァ、"QWERTY"配列の謎が晴れたところで、キーボード紹介の続きとまいりまショー!

PFU Happy Hacking Keyboard Lite2 (HHKB Lite 2) (メンブレン式)

画像: 必要最低限のキーだけ残すというHHKBのこだわりを踏襲し、68キーだけのコンパクトなサイズにまとめられたHHKB Lite 2

必要最低限のキーだけ残すというHHKBのこだわりを踏襲し、68キーだけのコンパクトなサイズにまとめられたHHKB Lite 2

Happy Hacking Keyboard(以下、HHKB)は、必要最低限のキーだけ残したら…というコンセプトで20年ほど前に生まれた高級省スペースキーボードの人気シリーズです。今でこそ[Fn]キーとの同時押しで使うキーボードは珍しくありませんが、HHKBは当初からそこが徹底していて、カーソルキーさえも[Fn]キーとの同時押しでなければ入力できません。その面倒くささに耐えてでも設置スペースを節約したいという、ある意味ドMなマニア向けです。
初代HHKBはちょっと高級なメンブレン式でしたが、後継機種は「リアフォ」で有名な東プレの静電容量無接点式スイッチを採用しており、その華麗な打鍵感に一度ハマると、二度と抜け出せなくなるそうですが、高価なスイッチなのでコストも高く、今や「究極のドM用高級キーボード」と称賛されています。

でも、いくら人気でもドM向け。ノーマルな人にはウケなかったみたいです。そこでコストを抑えて一般向けにしてみた(?)のが、このHHKB「Lite 2」。静電容量スイッチをメンブレン式に変えてコストを抑え、ノーマルな人に合わせてカーソルキーを追加した廉価版です。
メンブレン式ですけど打鍵感は悪くなく、ステップスカルプチャーになっているので指にも良くフィットします。でも、[Ctrl]キーを古式な[A]の左側に配置しているとか、カーソルキーが付いたのに、相変わらず[Fn]と文字キーでカーソル操作ができるとか、ノーマル向けのはずなのにMを強要されているような気がしてなりません。やっぱり[Fn]キー併用だらけは自分には無理。ノーマルがイチバン、ってことで、結局数回だけ使って、あとは10年以上放置していたら、すっかり黄ばんでしまって、ご覧のあり様だよ。

(S&Iの)普通のユーザーの普通の感想と、マニアな記者のツッコミ[3]

このキーボードの被験者:0名

マニアじゃない、ノーマル中のノーマルな人の感想が欲しかったんだけど…見るからに普通のキーボードよりもキーが少ない(足りない)ことが明らかなせいか、誰も手に取ろうとさえしねえでやんの…。やっぱりドMじゃあねえと使わねえわな、コレ(笑)


冒頭で「2部構成にできるぐらいの壮大なスケール」と述べたとおり、やはり相当なボリュームになってしまったので前編/後編に分けることとなりました(カットや短縮ではなく、分割でよかった〜)。
まあ、タイトルにも『(前編)』って書いてあるので気付いていたと思いますが、今回はひとまずこの辺にしておいて、後日続きを掲載予定です。
それほどレアとか珍しいキーボードを紹介するわけではないのですが、何かの話のタネにでもしていただければ恐悦至極に存じます。

それでは―
『勝てば天国、負ければ地獄。 知力、体力、時の運。
ブリキにタヌキに洗濯機。早く来い来い…』…なんか途中で混じってしまいましたが、café SANDI史上最大の「(仮)キーボードネタ mk2SR (後編)」でお会いしましょう。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.