S&Iは今年、創立30周年を迎えました。
11月10日に、社員を対象にした周年記念パーティを開催。
2部制のパーティは、マジックあり、笑いあり、涙なしの大盛り上がり!
今回は、その模様をお伝えします。

オシャレ空間で忍者とマジックを堪能するぜいたく!!

会場は、MLB café TOKYO
東京ドームシティにあるこのお店は、ステージ付きで吹き抜けのメインフロアに、2階席、3階席まである広々としたカフェです。メジャーリーガーのサイン入りのボールやユニホーム、グローブやバット、限定ワインに囲まれた贅沢かつオシャレなロケーション。

そんな絶好の空間で、私たちが最初に行ったのはマジック大会!!
しかも、イベントをリードしてくれたのは、江戸時代からやってきた忍者マジシャンMr.ニンニンさん。この絶妙な組み合わせが、S&Iらしさなのです。

今回は、23のチームに分かれてマジックのタネを考え、点数を競うという企画でした。
同じ会社に勤めていても、他部署の人とはあまり話をしないことも多いもの。この機会に交流を深めてほしい!との願いを込めて、いろいろな部署の人が入り混じるチーム構成にしました。チーム名は、すべて動物。うさぎチームから、くじらチームまで、みんな童心に返って楽しんでいました。

一番盛り上がったのは、「輪」と「鎖」を使うマジック……、いや、忍法です。
輪の中に鎖を通し、その輪を落とすというもの。そのままストンと落ちるはずの輪ですが、ちょっとした“忍法”を使うと輪と鎖が合体します。その理由を解読するのがこのテーマ。最初はほぼ全員が輪を落とし、床に転がる輪を追いかけたり、「よく分からないけど、落ちちゃった!」なんてことも。あーでもない、こーでもないと言いあいながら必死にタネを考えました。

その後、種明かしがあったのですが、それを聞いてもなお、ちゃんとできない人が多数。
ニンとも難しい忍法でござったよ

ちなみに、このマジックバトルの結果は、第2部のお楽しみだニン!!

総勢220人!ファミリーも参加した第2部

1部が終了すると、ひとまず全員会場の外へ。
2部は家族も参加できる立食パーティとなっていて、今まで見たこともないような柔らかい表情の人に対して、「え?家族にはそんなに優しいの?!」と驚きの声が上がることも。そんな貴重な体験ができる時間となりました。

2部の最初は、S&Iの代表取締役社長 藤田和夫の挨拶から。感慨深い内容で、大勢参加した子供たちもしっかり聞き入るというミラクルが起こっていました。もしやこれ、誰も騒がない忍法がかかってた?

乾杯の後は歓談タイム。運ばれてくるたくさんの料理は、どんどんなくなっていきます。中でも一番になくなったのはステーキの皿。驚くべきスピードで平らげてしまう様子には肉食系が多いというS&Iの片鱗も垣間見えた?

会場はどこもかしこも笑顔があふれていて、じんわり感じる30周年の重みが心地よい雰囲気を醸し出していました。30年前のS&Iを知らない社員が多いのですが、きっと今と変わらない、アットホームさがあったんだろうと想像できます

S&Iの歴史を作ってきた人を称える永年勤続表彰

歓談タイムの後は、いくつかのプログラムが用意されています。
まずは、永年勤続表彰から。勤続20~24年の14名には、社長から賞状と記念品が贈呈されました。その後は、一人ひとりが個性たっぷりの挨拶を。

マジックバトルの結果発表&子どもたちが大喜びのマジックショー

この後、再度の食事タイムを楽しみ、いよいよマジックバトルの結果発表です。壇上に上がった忍者に子供たちはざわつき、「何が始まるの~♪」と期待感が高まる中、楽しい楽しい結果発表を行いました。もちろん、盛り上がったのが大人たちです。

5位以上には、商品を贈呈。
S&Iは30周年を期にロゴを刷新しましたが、5位の商品は旧ロゴの入った製品セット。会場は笑いが起こってましたが、これからは出てこないプレミアムグッズです。
優勝チーム・準優勝チームの賞品は、自分で選べるギフトでした。

と、ここまで待った子供たち。お待たせしました!マジックの時間だよ~ということで、Mr.ニンニンさんのマジック、再び。子どもたちはステージの前に集まり、熱い視線を送ります。

水を入れた紙コップを頭にのせ、くるくる回らされたり、男性のズボンに入れたハンカチを引っ張ってみると女性用の下着が出てきたり、ウェットティッシュを口に入れたら長いヒモが出てきたり。社員はいいように遊ばれていましたが、子どもたちは大はしゃぎの内容となりました。

そして最後のマジックは、釘を打ち付けた板を紙袋で隠し、勢いよく手でつぶしていくというもの。失敗すれば、確実に手に釘がささるマジックのアシスタントとして壇上に上がったのは、何と社長!
マジックに失敗はないと思いつつ、妙な緊張感が走ります。
もちろん、社長の手に釘が刺さるなんてことにはなりませんでした!

軽快な音楽とダンスでテンションもアップ

パーティも終盤となり、MLB café TOKYOの女性スタッフによるダンスパフォーマンスタイムに。普通に接客をしていたスタッフが、実はダンサーだったという驚き!
どうりでカワイイはずだ…と、全員が激しく納得。

最後には子供たちも壇上に上がり、思い思いに踊ります。「大人の皆さんもぜひ~」と言われ、誰も上がらない…と思いきや、大張り切りの男性社員が一人。子供たちより、いやいや、ダンサーさん達よりも張り切ってる!
すばらしい個性を持った社員が、わが社にはいるのです!!

締めの挨拶は、取締役常務執行役員 神山正人が担当。会社愛にあふれる言葉に、ちょっとしんみりなムードです。そして最後は万歳三唱。一致団結には、これが一番です。

S&Iは、これからも企業理念である「honest.」の精神のもと、社員一丸となって、新たな価値を提供してまいります。これからも変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。

最後に、思い出スナップ集。
元気でアットホームな社風が少しでも伝われば幸いです。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.