皆様、初めまして新入社員の稲村です。
文系出身の私ですが、開発の部署に配属され、日々業務に励んでいます!

7月に開発の部署への仮配属が決まり、
現在は、IBM Watsonを活用したソリューションの開発チームに所属しています。
日々、最新の情報を取り入れながら資格取得などさまざまなことに挑戦させてもらっています。

今回は、今の部署に配属されてから本当にお世話になった「ホワイトボード」のことを紹介します。

わからないことはホワイトボードで解決!

部署に配属されてからは、とにかくIT用語が多く飛び交い、
どんな話をしているのかすら分からないことがありました。
先輩に質問しようにも、何がわからなくて困っているのかを
的確に伝えるのも難しく感じていました。

そんな状況を見て、トレーナーの先輩が小さいホワイトボードを使いながら、
説明をするという手段を取ってくれました。
私もわからないことを、絵に書いて伝えるようにしています。
これによって今まで、言葉だけで伝えていて曖昧になってしまっていた部分も、
図と一緒に表すことで、少しずつ理解できるようになりました。

ホワイドボードを使いながら、納得できるまで、
1時間ぐらい、説明を聞いて質問をして…と何度も繰り返すこともありました。

この1年は本当によく使用したので、
気がつくとペンのインクがなくなっていることも。
いつも教えてくれる先輩と小さいホワイトボードへの感謝の1年となりました。

ホワイドボードを使用することは、まだまだあります…笑
それでもすこしずつ仕事に慣れ、出番が少なくなったような気がしています。

画像: わからないことはホワイトボードで解決!

実際に使用したときの写真です。今もたまに見返しています。

チームワーク!

ホワイトボードを使って説明してくれたトレーナーの先輩だけでなく、
部の皆さんやチームの皆さんにいろいろとサポートしていただいた1年でした。
困ったときに相談をすると、こうするといいよ!と解決策をもらったり、
皆さん優しく対応してくれるので、感謝しています。

またお昼を一緒に食べたり、飲み会をしたり、
業務外でもいろいろな話をしたりと、充実した毎日を過ごしています。

もうすぐ新人ではなくなりますが、
今後は、サポートをしてもらうだけではなく、
2年目としてしっかり仕事ができるように頑張っていきたいと思います!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.