2015年12月3日にMCPC award 2015の授賞式がホテル メルパルク東京で行われ、S&Iのシンクライアントソリューション 「ThinBoot PLUS / ThinBoot ZERO Surface モデル」プロバイダー部門セキュリティー委員会特別賞 を受賞しました!

さらにうれしいことに、当社のPBXソリューション 「uniConnect 3」 を次期社内コミュニケーション基盤に選んでいただいたトヨタデジタルクルーズ様も ユーザー部門奨励賞 を受賞されました!

MCPC awardって何?

MCPC awardとは、業界を超えたモバイルコンピューティングの普及促進団体として1997年に発足したMCPC(モバイルコンピューティング推進コンソーシアム)が毎年開催しているイベントで、今年はなんと13回目の開催です。

対象は、「モバイル/IoT関連製品やソリューション」で顕著な成果をあげている企業や団体です。MCPCでは各団体から事例を募集し、利用技術の先進性、システムの提供価値、費用対効果、利用者の評価などの観点で審査され、今年はユーザー部門で10社、プロバイダー部門で7社が選ばれました。

今年、栄えあるグランプリ/総務大臣賞を受賞したのは「JR東日本アプリ」。JR東日本の駅・列車をより便利に使っていただくことを目的に開発されているそうです。私もユーザーの1人なのでその便利さは体感済みです。旅行や出張など、慣れない電車や駅を利用するときに本当に便利なのでおススメです!

VDIには手が出ない...というニーズに応えた「ThinBoot PLUS」

S&Iがプロバイダー部門で受賞した「ThinBoot PLUS」は、アプリケーションの仮想化・配信、端末管理、ログ管理、端末制御ツール(書込み制御、他)が1つにパッケージされたシステムソリューション。普通のパソコンの価格+αという価格帯でありながら、シンクライアントと同様に端末には一切データを保存させない!という仕組みを持った画期的なソリューションです。セキュアで手間の掛からない端末環境を作りたいけどVDIまでは費用的に手が出ないといったニーズにもぴったりです。
→ThinBoot PLUSの詳細はこちら

さらに、今回は、ThinBoot PLUS環境を利用するためのPCに、ビジネス利用でも人気の Microsoft Suraface を組み合わせることで、セキュリティを確保しながら、より利便性の高いモバイル環境を実現しています。

画像: VDIには手が出ない...というニーズに応えた「ThinBoot PLUS」

→ThinBoot ZERO Surfaceモデルの詳細はこちら

内外線の電話とLyncを連携し、実用的なコミュニケーション環境を実現!

ユーザー部門でトヨタデジタルクルーズ様が受賞した 次世代コミュニケーション基盤 のテーマは、「ワークスタイルの変革」と「環境への配慮」。スマートフォンを内外線電話として利用できるS&IのPBXソリューション「uniConnect」とMicrosoft Lyncを連携し、ユーザー目線に立った実務的で使い勝手の良いシステムを実現しています。

使うインターフェースはMicrosoft Lyncのみに統一。ユーザーは相手先を選択し、任意のコンタクト手段をクリックするだけで、アドレスや電話番号を意識する必要がありません。もちろん、uniConnectと連携しているので、IPに頼らず安定した携帯回線通話で会社番号での発着信で、通話の安定性を確保しています。また、携帯回線通話中もLync上でのプレゼンスは「通話中」として表示されますので、コンタクトしたい相手が外出中でもしっかりと状況を掴むことが可能です。

画像: 内外線の電話とLyncを連携し、実用的なコミュニケーション環境を実現!

そのほかにも、B2Cアプリ、IoTソリューション、セキュリティー、災害対策、医療など、それぞれとても先進的でバラエティに富んだ事例が選ばれています。思わず、「へ〜!」「おぉ!」と声が漏れてしまう事例ばかり。一見の価値ありです!
→MCPC award 2015 受賞リストと各システム概要一覧はこちら

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.