少し前の話題ですが、3月10日(木)と11日(金)の両日、日経BP主催の「Cloud Days Tokyo 2016」に少しだけ行ってきました。
言わずもがなですが、このイベントでは最新のクラウドサービスやクラウド製品などのソリューションが数多く出展されるだけでなく、「セキュリティ&ガバナンス 東京 2016」、「ビッグデータEXPO 東京 2016」、「モバイル&ウェアラブル 東京 2016」、および「IoT Japan 東京 2016」の四つのイベントも同時開催され、文字どおり、セキュリティー、ビッグデータ、モバイル、IoTなど、全部で140社以上の出展企業と14,000人以上 (主催者発表、2日間の合計) の入場者で賑わってました。

ただ、最初に「少しだけ」と述べたとおり、当日は時間の都合であまりゆっくりと会場を見ていません。なにしろ、(この記事の)記者個人のメインの目的が展示会場の見物ではなく、同時に開催された数々のセミナーの聴講だったので、展示会場には実質1時間弱しかいられなかったのです。
それでも、祭り好き&ネタ枯渇症の記者にとっては格好の素材というわけでして、記者の日記の中から少しだけですが当日の様子をお伝えします。

オヤジたちのハートを鷲掴み!! 3倍の赤いアイツの7倍乗れちゃうスゴイヤツ

展示会場に入ると、メインステージの隣に何やら黒山の人だかりが…。
近寄ってみると、そこには真っ赤な しまじろうカーⅡ TESLA model Sドーン!

さらにこの日は試乗会(抽選)で実際に運転できるとあって、抽選の整理券を求める人でごった返していました。日本カー・オブ・ザ・イヤーのイノベーション部門賞を受賞しただけあって、IT系の業界人たちにはとにかく気になるクルマなのでしょう。

画像: アメ車らしからぬフォルムの真っ赤なテスラ model S。できれば青地に白のストライプでキメて欲しかったが、それでもカッコイイ。

アメ車らしからぬフォルムの真っ赤なテスラ model S。できれば青地に白のストライプでキメて欲しかったが、それでもカッコイイ。

画像: 運転席には17型のタッチパネル。発表当初はNVIDIA Tegra3が搭載されていることで話題になったけど、今でもそうなのかな?

運転席には17型のタッチパネル。発表当初はNVIDIA Tegra3が搭載されていることで話題になったけど、今でもそうなのかな?

すっかり忘れていましたが、テスラは電気自動車。車体の底部にバッテリーとモーターを配置したおかげで、まるで昔のビートルのように、ボンネットの下に広いラゲッジスペース(トランク)があります。後部のトランクももちろん使えますが、この日はトランクにオプションのチャイルドシートを装備した定員7人(5人+子供2人)仕様になっていました。定員数だけなら某・専用MSの7倍です。

画像: オヤジたちのハートを鷲掴み!! 3倍の赤いアイツの7倍乗れちゃうスゴイヤツ

…って、 あれっ?このチャイルドシート、後ろ向き(しかも固定)だ!!
記者は新幹線の座席が進行方向とは反対側を向いているだけで気分が悪くなるのですが、お子様がここに座って大丈夫なんでしょうか。テスラって加速はポルシェやランボルギーニ以上ですよね!?

Windows 10、Windows Hello、Surface Bookに、Windows Phone…マイクロソフトのブースは大忙し

展示会場のいたるところで、出展各社によるミニ・セミナーが開催されていましたが、マイクロソフトのブースはその中でもひときわ目立っていました。

画像1: Windows 10、Windows Hello、Surface Bookに、Windows Phone…マイクロソフトのブースは大忙し

こちらでは、新製品のSurface Bookをはじめとするモバイルデバイス製品と、Windows 10およびWindows 10の生体認証機能「Windows Hello」によるモバイルセキュリティーの紹介。その他Windows Phoneなども展示されていて、たいへん賑わっていました。

画像2: Windows 10、Windows Hello、Surface Bookに、Windows Phone…マイクロソフトのブースは大忙し

伝説の巨ネ申がMDMに目覚めたらしいですよ

IBMやCitrixなどがモバイルデバイス管理(MDM)へと参入する中、仮想化とクラウドの巨ネ申・VMwareも、ワークスタイル変革へ向けて一発デッカイのをブチかましてきました。
VMwareのブースでは、さまざまなモバイルデバイス向けのアプリケーションをシンプルでセキュアに配信・管理するために、VMwareお得意の仮想デスクトップ製品「VMware Horizon」に、MDM製品の「AirWatch」などを融合させた新機軸のMDMプラットフォーム 「VMware workspace ONE」 を出展。

画像: クールなイチ押しソリューション「VMware workspace one」についてクールに語る、ソリューションビジネス本部 ビジネスモビリティ推進・東根作成英 部長。髪型もなかなかクール。

クールなイチ押しソリューション「VMware workspace one」についてクールに語る、ソリューションビジネス本部 ビジネスモビリティ推進・東根作成英 部長。髪型もなかなかクール。

一人で複数のデバイスを利用していると、デバイスごとに異なるストア(Apple Store、Play Store、Windowsストアなど)に、それぞれ異なるIDでサインイン、アプリケーションのダウンロードとインストール、毎回のアップデート、各アプリケーションの管理など、それぞれバラバラで面倒ですよね。さらにBYOD端末も混ざるとセキュリティーも不安になりますが、VMware workspace ONEなら、ユーザーは一つのIDで同じ企業用アプリケーションストアにアクセスして、デバイスを問わずさまざまなアプリをセキュアにダウンロードできるようになるそう。ユーザーにとっては利便性が向上し、管理者にとっても、アプリケーションやデバイスごとにさまざまなポリシーを設定できるので、セキュリティーリスクも減るという、一石二鳥のイチ押しソリューションなのだそうです。

個人的にはこちらがメインなのですが、残念ながら大幅カットです

画像: 個人的にはこちらがメインなのですが、残念ながら大幅カットです

展示会場を後にしてセッション会場へ。記者も真面目に聴講するために、取材は一時中断。聴講した三つのセッション名と内容だけをダイジェストでお伝えします。

  • 「働き方改革で企業も社員もハッピーに 自由で安全に働くためのタブレット活用 ~2016年 働きがいのある会社ナンバーワン企業が語る!~」
    (講師:マイクロソフト 小黒信介氏)
  • ⇒ワークスタイル変革のために、SkypeやOne Noteを活用した時間や場所の制約を受けない情報共有とコミュニケーションの提案、Windows 10の持つ高度なセキュリティー機能、新製品のSuraface Bookの紹介がメインでした。

  • 「標的型攻撃はこうして守る ~新しいアプローチによるエンドポイントセキュリティ~」
    (講師:インテリジェント ウェイブ 靜間隆二氏)
  • ⇒標的型攻撃の核となっている「既知の手口」をいち早く感知してエクスプロイトとマルウェアをブロックする、パロアルトネットワークス社のエンドポイント・セキュリティー・ソリューション「Traps」の仕組みと活用方法の詳しく解説がメイン。

  • 「身近になったデータ連携。クラウドとシステムをつなぐコストを1/2にする方法」
    (講師:マジックソフトウェア・ジャパン 渡辺剛氏、双日システムズ 成塚健次氏)
  • ⇒こちらは二社による共同セッション。マジックソフトウェア・ジャパンは、社内・社外のデータとビジネスプログラムの連携、およびデータフローを統合するEAIツール「Magic xpi」を、双日システムズは、Magic xpiをクラウド化した低廉で高速なクラウド型システム連携サービス「Polaris Gate」を紹介。

  • おまけの写真

    会場には来場者向けの抽選コーナーも。
    ワイヤレスヘッドホンや無線ルーター、ネスカフェバリスタ等が当たるということでしたが、そうそう当たるわけないですよね。ええ、もちろんハズレですよ、ハズレ。
    残念賞は…「コーヒー無料券」…え?

    画像: まあ、いい賞品は当たらないだろうとは思っていました。思っていましたよ。思っていたけれど…。

    まあ、いい賞品は当たらないだろうとは思っていました。思っていましたよ。思っていたけれど…。

    いやいやいや、ちょっと待ってよ。各セッションの終了後に同じチケット配ってたから、4枚も貯まっちゃいましたよ。それにコーヒーコーナー大混雑で近寄れないし…。

    画像: チケットが4枚あっても4杯飲むとは限らない。1枚ぐらい紅茶や緑茶やウーロン茶のチケットが混ざっていてほしかったが、それでも全部飲むとは限らない。

    チケットが4枚あっても4杯飲むとは限らない。1枚ぐらい紅茶や緑茶やウーロン茶のチケットが混ざっていてほしかったが、それでも全部飲むとは限らない。

    その他、会場でもらったノベルティーグッズ。あまり長時間いなかったので、ほんのちょっとしかゲットできませんでしたが、それでも嬉しいものです。
    マイクロソフトは「Microsoft Surface」の青いネックストラップ、レノボは白いボールペン、インテリジェントウェーブは吸水素材を使った「傘カバー」。傘カバーはさっそく使わせてもらっています。

    画像: おまけの写真

    画像: 会場からの帰り道で撮影した増上寺の三門。Cloudy dayに Cloud Days に行ったのは、ただの偶然です。

    会場からの帰り道で撮影した増上寺の三門。Cloudy dayに Cloud Days に行ったのは、ただの偶然です。

    コメントを読む・書く

    This article is a sponsored article by
    ''.