みなさんこんにちは。入社1年目の営業 しまみーです。
初めての投稿なので、カンタンに自己紹介しますね。

◯プロフィール
先輩に呼ばれているニックネーム:しまみー
大学の専攻:社会学部(主に、広告・SNSでの口コミの勉強をしていました)
サークル:フットサル。中高はテニス部でした。
好きなこと:食べ飲み歩き。洋服の買い物。弾丸旅行(年内にニューヨークかハワイに行きたいと企んでます。笑)
入社前のIT知識:皆無。。涙

就活が終わってはや2年。。毎朝11時までぐーすか寝ていた私が、朝6時には起きて仕事へ行くという社会人生活を送る日が来るとは思っていませんでした。。

さてさて、若手社員ブログ第3回目は、グループ会社の新人・約80人と合同で3か月に渡って行なわれ、教科書とPCを使って「ITのキソのキソ」から勉強する技術研修の様子を、文系出身の初心者の目線でお伝えしたいと思います!!

まず、技術研修では、大きく分けて以下4つのことを、それぞれ2週間ずつくらいかけて学びます。
1. コンピューターとは
2. サーバー、ストレージとは
3. ネットワークとは
4. オペレーティングシステムとは

「コンピューターって何?」から学べる技術研修

みなさん、大学の授業や論文でPC使いますよね?
そのPCって何だっけ?っていうところから研修がスタートします。

講師は、外部の専門講師やグループ会社の現役SEで、年齢も比較的近く、質問がしやすかったです!特に、私は勉強が得意ではなかったので、分からないところは休み時間に毎日のように質問しまくっていました。笑

コンピューターって一言でざっくり言うと、「でっかい計算機」!!笑
計算が早くて何でもできる、便利なイメージだけど、実は数字の「0」と「1」しか認識できないの。意外ですよね。。

そこで、2進数とか10進数っていう考え方が登場して…っていうふうに、本当に基礎の基礎から教えてくれるのですが、算数が苦手な私にはここが一番しんどかったです。筆記のテストもあるので、かなりテンパりました。笑

でも、理系出身の同期が教えてくれたり、ドリルがあったりしたので、同じ問題を繰り返し解いたりしてテストを通過できましたっ◎

実際に分解して中をのぞいて見られるから、理解しやすい!

続いて、ストレージとサーバーとは何か?を学ぶ技術研修が始まります。

「ストレージ」という言葉は、スマホの容量が足りないときに出る警告とかで、たまーに出てきたりするからギリギリ知ってたのですが、「サーバー」は、これまでの私には縁のない言葉で、何それ??っていう状況でした。。サーバーは、今みなさんが使っているPCをもっと大きく業務用にしたコンピューターをイメージしてもらうと分かりやすいと思います。

この研修では、じゃあ、そのストレージやサーバーって何で出来ているの?ってことを勉強します。CPUとは?ディスクとは?メモリーとは?....と講師の方が丁寧に教えてくれるのですが、ただテキストを見ながら「あれがこうで、これがこうで...」と説明されても見てみなきゃ分かんないよーってなりますよね。

この技術研修では、2人1組で実際にサーバーを分解したりします!!

あーテキストに出てきたあの部品ってコレねって感じで、実物を見ながら学べます。ちなみに私は、コンピューターの中身を見るのは生まれて初めてでした。(◎ロ◎)

身をもって学べるので初心者にも安心です。
この研修は自分にとって非常にいい機会になりました(^^)

画像: 実際に研修で分解したラックサーバーの中身です。

実際に研修で分解したラックサーバーの中身です。

実際に目で見て理解できないネットワークの世界も、楽しく学べる。

「ネットワークってWi-Fiでしょ?」って思ってました。笑

「ネットワーク」とは、コンピューター同士を通信させるために使います。また、その仕組み・技術のことです。研修では、実際の通信の流れを見てみようということで、「ping」というコマンドでコンピューター同士がやり取りできているかな?って確認したりもします。

この作業が、ド素人の私には、プログラマーになったみたい!!とニヤニヤしたのを覚えています。元々プログラミングができる同期からは苦笑いされましたけど。笑

ただ、サーバーと違って、物理的に目に見えるものではないネットワークは、ちょっと理解しづらかったです。笑。
でも、講師の方が本当に熱心な方で、「しまみー今の説明で理解できた?!」と見に回って来てくれたり、大きなジェスチャーで初心者でも分かるように「これが、こーなってこうなんだよ!!」って教えてくれるので、難しさを感じつつも勉強が楽しくなるような研修でした。

"同期同士で教え合う" 自分の成長にもつながります。

画像: "同期同士で教え合う" 自分の成長にもつながります。

技術研修の最後は、「オペレーティングシステム」について学びます。いわゆるOSってやつで、皆さんが使っているPCのWindows 10とか、スマホでいうiOSとかです。

研修では、2人1組のペアになって、実際にサーバーにOSをインストールしてみたり、OSの設定をしてみたりしながら、OSの基礎から学びます。

私は「OSって何…」から始まったワケですが、私のペアが情報学部出身で、OSの神様だったんです。笑。だからパソコン画面みながら「これってどうするの?」「この表示って何?」とかとか聞きながら、いろいろ教えてもらいました。

同期同士で教え合う利点って、お互い初心者で、「何が分からないか分からない」っていう状態から学んで、理解して、それから分からない人を相手に教えてくれるから、初心者目線での説明がうまくなるんですよね。だから、同期同士で分かることを教えあっていくという勉強の仕方、すごくオススメです。笑

あと、合同研修で、一緒に勉強した新人は80人くらいいるので、ちょっとした疑問も、学生時代に勉強していた詳しい人に聞けたりするのですごく良かったと思います♪笑

S&Iだけだと同期は4人だけですが、合同研修で多くの同期と出会い、仲良くなれました。今だに、グループ会社の同期とは交流があって、飲みに行ったり、遊びに行ったりしています!

あ、同期の6割くらいが文系出身者だったんですよ。
だから未経験っていうことは、ネックに感じなくていいと思います!まだまだですが、文系出身者でもなんとかやっていけてます!笑

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.